2010年10月14日

秋冬モデルにはこれを搭載して欲しい

ソニエリのcyber-shotも気になる携帯だ。発売当時の記事を読み返すと、auで二年間機種変更しないで済む唯一の携帯とauユーザからは賞賛されたものの、ドコモorソフトバンクユーザからは逆に揶揄されるという微妙なポジションにあったが、個人的には初めて手にしたスライド携帯。やや厚みが感じられたのと決定キーの押し間違いが起こりやすかったのを除けば評価はとても高い。そんなことから次期モデルはいつ頃発売されるのだろうと、S001とS003の発売日を調べてみた。

2009年3月19日発売 808万画素S001
2010年5月29日発売 1209万画素S003
2011年1月出荷予定 1641万画素CMOSイメージセンサ

2011年春頃発売? 1600万画素新型cyber-shot

ソニー、フルHD対応の携帯向け1,641万画素「Exmor R」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20101007_398635.html

2011年春頃に現行S003から新型モデルにバトンタッチされ、1600万画素とさらに一段とパワーアップして登場してくるのだろうと思いきや、10月18日の秋冬モデル発表会にてお披露目する可能性があるという噂が流れてきた。本当かどうかフタを開けるまで分からないが、もしこれが事実だとすると、この画素数競争、まさに止まるところを知らないことになる。cyber-shotは一年周期だと思い込んでいただけに、S003を購入した人は少々涙目かもしれないが、それにしてもこれは凄い。

さて話は変わり、今現在のお気に入り携帯ドコモF-06B。このブログでも何度か登場しているが、ほぼ同機能の携帯は現時点では存在しないと言っていいほど多機能で、まさに国産ガラパゴス携帯の頂点に君臨する携帯だ。これだけの機能を詰め込んで防水性能を維持していることにも驚いたが、もっと凄いのはほぼ全ての場面でキータッチ操作もタッチスクリーン操作も可能であること。

国産ガラパゴスの頂点を目指しただけではなく、スマートフォンの良さまでも凝縮して詰め込んでしまったという、二兎追うものは一兎をも得ずどころではなく、二兎追いながら二兎も三兎も手に入れてしまうという、なんとも贅沢な携帯であることは確かなのだ。

このF-06Bの最大の特徴を挙げてみると、以下の四点に要約されると思う。

・防水性能
・無線LAN
・モバイルルータ機能
・フルHD撮影(1920x1080)

au夏モデルが全機種防水仕様となったことからも分かるように、防水へのニーズはかなり根強いものがあるのだろう。外出時に傘を差しながら電話をしたり、雨が降る中ちょっとした写真を撮影したり、あるいはバスルームへ持ち込んだりと、防水であることにより使い勝手が広がる場面は結構ある。秋冬モデルが引き続き全機種防水となるのかどうかまでは分からないが、かなりの機種が防水仕様で登場するような気がするし、そうして欲しいと思う。

秋冬モデルはマルチキャリア化で最大9.3Mbpsに
http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1005/14/news096.html

続いて無線LAN。上記のサイトにも書いてあるが、各社無線LANの充実には力を入れており、今度の秋冬モデルでは一体何機種登場するのかとても楽しみだ。ちなみにF-06Bにも無線LAN機能が搭載されているのでiモードが爆速になるのかと思ったら、iモードは無線LAN適用対象外であるとのこと。そんなせこいことをしないで是非とも無線LANのiモード接続を可能にして欲しいものだが、auの場合のせこいと言えば無線LANカード。

貴重なmicroSDカードスロットに無線LANカードを入れるのではなく、本体内蔵が必須条件だと思う。ちなみに現在は外出時のネットはドコモ携帯だけに統一し、SH006は無線LANだけにしたが、9月の支払い料金は確か2000円を切ったように記憶している。これだけかなりガンガンにEZwebを使い込みながらも、月額料金2000円以下というのはなにか得したような気分になるから不思議だ。

そして次に挙げたいのが何度も書いているモバイルルータ機能。前回記事の"地図の読めない女性"でも書いたように、この機能があると外出時の使い勝手がかなり広がるのだ。ソフトバンクがこの機能を提供出来ないのは分かるが、ドコモも最近はモバイルルータにも力を入れているし、auとしても同機能を有するモバイル機器ないしは携帯を是非とも登場させて欲しいものだ。

前回記事では書き漏れたが、ホテル到着後はF-06Bが大活躍。すぐバッテリーが無くなるので、充電台にF-06Bを入れっぱなしにしたが、夫婦で持参したiPad2台を同時にネット接続して、明日の訪問先をお互いネットで情報収集をするのだが、これが結構楽しい。ちなみにF-06Bは同時に4台まで接続可能となっている。

最後に挙げたい機能がフルHD動画撮影機能。F-06Bで初めて動画を撮影してPCで見たときに、そのあまりの綺麗さに我が目を疑ってしまったが、それぐらいF-06BのフルHD動画撮影機能は素晴らしい。水中で使ったことはないが、防水携帯であるだけにやろうと思えば出来なくはないのかもしれないが、auでも一つぐらいはこういう機種があってもいいのではないかと思っている。

結論としてIS03のようにスマートフォンに軸足を置きながらも国産携帯の長所を取り込んだ携帯もいいし、国産ガラパゴス携帯の頂点を目指しながらもスマートフォンの長所を取り込んだ携帯もあってもいいような気がするのだ。果たして次期cyber-shotと新型G'zOneはどのようなデザインと使い勝手を提供してくれるのだろうか?前評判でこれほど高揚感に包まれるのは久方ぶりのような気がするが、今回だけは欲しい携帯がたくさんあって取捨選択に迷うような気がしてならない。
posted by Lancer at 22:23| Comment(18) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

地図の読めない女性

その昔、"話を聞かない男、地図が読めない女"という書籍が大ヒットした。日本で200万部、全世界で600万部、42カ国でNo.1となった大ベストセラーで、「男と女はなぜ理解し合えないか?」という人類最大の謎を解き明かす痛快な1冊らしいが、読まぬまでもうちの嫁さんを見ていれば内容は分かるというものだ。

結婚する前から車でいろいろな場所に行ったが、目的地までの案内は常に私が仕切って運転して行った。というのも地図を渡してこれから先の道案内を頼んでも、出来ない。車の進行方向に合わせて地図の向きも傾けないと、現在地と進行方向が頭の中で理解出来ないのだ。なので交差点で左折をすると、当然のことながら地図も左に90度回転させる。右折をすると今度は右に地図を90度回転させる。で、左折、右折、左折を連続で繰り返すと、もうパニックということになるわけだ。

蛇足ながら私は運転歴が長いこともあり、都内23区内であれば地図は入らない。東京近郊にもしょっちゅう車を走らせていたので関東地区はほぼ制覇。失職後はタクシー運転手に無条件でなれるのではと思っているだけに、嫁さんとの落差は果てしなく大きい。なんでこんな簡単な道案内が出来ないんだというわけだ。

閑話休題、ブログ休止中、久方ぶりに二泊三日の旅行に行ってきた。自宅から車で1時間30分から2時間程度の場所なので別に宿泊する必要はないのだが、たまにはということで連泊することにした。宿泊するのはいいのだが、出かける前の支度が大変だ。私の場合、着るものの身支度を考えるよりも、PC&モバイル機器の周辺機器を揃える方が大事。多くの人にとっては携帯電話は無くてはならぬ必需品だと思うが、私の場合、優先度は携帯電話よりもPCの方が高い。

au oneブログ携帯カテ定住の方々の中には携帯電話を一日たりとも触らぬと、禁断症状が発生し落ち着かない人が数多く居ると思われるが、私の場合PCがそれに該当する。勤務中も会社に居るときには殆どPC操作であるし、帰宅後もこうしてブログ更新していると、PCが身近にないと気分的によろしくないのだ。

ということで、ノートPC、iPad&iPod touch、そしてドコモ or au携帯電話3台全ての充電コードや充電器台、さらには予備バッテリーを含めるとすでにポーチバッグは周辺機器だけで満杯。まるでPC&モバイルに関心の無い人間、例えばうちの母親なんかに見せたらもう大変だ。一体なにしに旅行に行くの?というわけだ。それにしても携帯電話三台で三種類の充電コードはなんとかならぬものかといつも思う。充電器台の形状が異なるのは致し方ないとしても、SH006とIS01では微妙にコネクタの形状が異なる。まだ購入はしていないがイヤホンもおそらく共有出来ず、IS01のそれはSH006を流用出来なかったように記憶している。

さてドコモF06Bを購入した直後とあって、二泊三日の旅行はその実力を確認するのに最適な実験となるはず。ちなみにF06Bにはau携帯には未だ搭載されていないモバイルルータ機能が標準で搭載されており、単体では通信機能を持たないiPadやiPod touchをF06B経由で簡単にネットにつなぐことが出来るはずなのだ。しかも通信費用も以前の価格から比較すれば、だいぶリーズナブルな数字となっており、パケット定額と合わせてもだいたい1万前後。

以前にイーモバイルS11HTを所有していたが、契約期間の終了に伴い代替機の検討を重ねた結果、バッテリーの持ちを除けばF06Bが最適な端末だろうという判断に落ち着いたのだった。何度かこのブログでは書いているが、イーモバイルの弱点は地下街とオフィスビル内部。一時期大いに売れたPocket Wifiだが、正直ドコモ回線の安定感に比較すると見劣りする。月額維持費用の安さを求めればイーモバイルだろうが、多少高くても通信回線の安定を求めたい人はやっぱりドコモだろう。

車中の道案内と言えば片手に地図を持ち、赤信号停止時にさっと地図を読み込み頭にインプット、あるいはカーナビ利用というのが従来のスタイルだったが、今回はその方式を覆し、ドコモF06B+iPad無線LAN搭載モデルという方式に変更した。ちなみに嫁さんもすでにiPadを購入して積極的に活用しているが、車内でiPadによる地図案内は初めての試みだ。

前述のように曲がるたびに曲がった方向に地図帳を傾ける習性を持つうちの嫁さん、果たしてiPadを車内で使いこなすことが出来るのかどうか?まるで動物実験のようだが、最初見ていると、やはり曲がるたびに曲がった方向にiPadを傾けていたのだが、このやり方はiPadでは通用しないのだ。iPhoneやiPadを常日頃活用している人ならすでにご承知のように、iPhoneやiPadは曲がった方向に回転させると画面そのものも一緒に回転してしまうので結局は同じ。画面回転OFF機能を使えばいいのだろうが、その機能を知らない嫁さんは必死に考えている。

見ると諦めたのか、地図の拡大縮小でその難局を切り抜けようとしているようだ。紙の地図だと拡大縮小なんて芸当は望むべくもないが、ドコモF06B+iPad無線LAN搭載モデルの場合、小気味よく自由自在に拡大縮小が可能だ。しかも拡大縮小の画面読み込みに時間がかかるようなことは殆ど無く、ほんの一瞬の操作で国道沿いの店舗名称を調べることが出来る。

あ、いまローソンを過ぎたから、ここに居るのねとか、もう少し行くとトヨタの販売店が左側に見えるはずなんだけれど・・・・と地図の東西南北は全く理解出来ないながらも、国道に隣接する施設名称を地図を拡大して読み込み、それから自分の居場所を判断するという、熟練運転手からするとなんとも奇妙な地図の読み方で道案内をする始末だが、Googleマップ自体はGPSを活用し今現在のおおよその位置を青い円周で囲んでくれるので、このやり方でも充分に通用するのだ。

今まで地図を全く読み取れなかったが、車中、移動しながらも読み取るコツを覚えるとさすがに嬉しいのだろう。二日目に入ると、一般道を走り続けた場合よりも距離的に短いショートカットルートを自発的に言い出してきたから、こちらもビックリしてしまった。全く地図を読めなかった女性、左折、右折、左折を連続で繰り返すともうお手上げの万歳だったにも関わらず、iPadを活用することにより立派に地図を読み取ることに成功したわけだ。が、さすがに慣れないことに神経を使ったためか頭が疲れるという。隣でボッーと景色を見ながら怠惰な時間を過ごすのが嫁さんの車中での楽しみだったらしいが、それを地図読解作業は奪ってしまったらしい。でもこれはこれで大いなる進歩だろう。iPad、侮りがたしと言ったところだろうか?
posted by Lancer at 23:29| Comment(16) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

禁断のアプリを推理する

ネットを巡回していたらKDDI新商品発表会のお知らせという記事を見つけた。
http://www.au-happyoukai.jp/1018/pc/

2010年10月18日(月)にauのKDDI新商品発表会を開催することが決まりました。発表会では、待望のスマートフォンIS03を始めau最新機種などを発表。そこで、日頃携帯やスマートフォンの最新動向に興味がある方を発表会会場へ特別にご招待いたします。

平日でなければ当然申し込みをして是非一度ぐらいは発表会を見てみたいものだと常々思っているが、さすがに月曜日を休むのは無理。とは言いながらもITmediaによると、『18日の発表会では禁断のアプリケーションも用意していると田中氏から意味深な発言もあった』と記述されているので、この発表会会場で禁断アプリが登場するのは間違いがないのだ。

気になる人は気になるが、気にならない人にとってはどうでもいい禁断アプリ。2ch書き込みからは18日に発表する禁断アプリなんだから18禁アプリに決まっているだろうと揶揄する向きもあるが、釣りと分かっていても引っかかってしまうのが携帯マニアのいいところでもあり悪いところでもあるのだ。ということで早速現時点で出回っている禁断アプリ情報をまとめてみた。

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1010/04/news084.html

まずは可能性の低いやつから。

iPhone4もどきのテレビ電話機能FaceTimeに期待。以前の調査では金額面よりも自分の顔が相手に映し出されることを敬遠する人が予想外に多いことが判明したが、それでもアップルのCMを見ているとやっぱり欲しくなるテレビ電話機能。iPhone4,iPod touchに搭載されれば当然のことながら、Next iPadにも搭載されることは確実。

となるとiMac or MacBookにも搭載されるかもという期待はさておき、無料で通話出来るとなれば活用の道はかなり広がるはず。良からぬことを考える男性諸氏の期待に応えるべく大画面iPadに搭載されたときにこそ、その真価を発揮するのかもしれないが、まずはこの機能がIS03に搭載されれば久方ぶりにauにとって明るいニュースになるのは間違いなし。

続いて可能性が高いのはテザリング機能。IS03自身が母艦となり、通信機能を持たないノートPCやPSP,DSiなどをネットにつなげるようにする機能のことだが、モバイルマニアにとっては必携の機能といっていいかもしれない。イーモバイルファンの方には申し訳ないが、この2年間S11HTを使ってみての感想は、やっぱりドコモの方が良かったとの思いが挙げられる。端末性能やサービスには満足しているが、都内屋外ではドコモ、auと遜色のないイーモバイルも地下街やオフィスビル内に入った途端に通信圏外に、使いたい時に使えない場面が何度あったことか。

その意味でイーモバイルのPocket WiFi、現在は投げ売りに近い状態だが、ドコモでそれ以上の性能を持つ端末が発売されている以上お勧めしにくい。au IS03にテザリング機能が搭載されれば、ほぼドコモと同じ使い勝手となるので、是非ともauのテザリングサービスを展開して欲しいものだ。

そしてその通信料金がダブル定額上限の5985円以内で、つまり別途通信料金4000円前後必要などということのないようにしてもらえれば最高なのだが・・・蛇足ながらアップルiPhone4公式サイトでは、堂々とテザリング機能が謳われているが、ソフトバンクで同機能が活用出来る目途は全く立っていない。

http://www.apple.com/jp/iphone/features/more-features.html

そしてテザリングと並んで挙げられるのが、3G回線によるスカイプ通話。まずはこの記事を読んでいただきたい。

Android携帯用「スカイプ」が遂に正式リリース、スマートフォン無料通話網が完成か
http://techwave.jp/archives/51509465.html

正式版は、Android携帯向けにデザインされたもので、もちろんフルスペック。iOS版同様、Wi-Fiだけでなく3G通信経由での通話も可能となっている。これ実はとんでもない大きなニュース。パケット定額の2大スマートフォンOS(iOSとAndroid)で3G通信による無料通話が可能なるのだから当然。つまり、ソフトバンクもドコモもKDDIもスマートフォンなら「無料通話」ができるという話なのだ。

(追記)
とんでもない注意書きがブログに小さく書かれていた。

Skype is not available in the Android Market in China or Japan.

引用終了

現時点では日本と中国では使えないものの、10月18日発表会でAndroidスカイプが解禁になることはあり得るのかどうか?キャリア間で無料通話が完成するという英断にau首脳陣が踏み切る可能性は少ないと思われるが、それでもちょっぴり期待してしまう。で、最後に掲載するのは文字通りの禁断アプリ。iPhoneアプリで登録削除されたセクシー系アプリがAndroid携帯で復活するというシナリオだ。

以前このブログでも掲載したPuff Premium"パフプレミアム" スカートめくりアプリという女性の方が見たら不謹慎極まりないアプリだが、第一弾、第二弾が発売される人気アプリにも関わらず、いつの間にやらiPhoneアプリからは登録が抹消。Androidアプリとして復活したものの、これ以外にも消えていった人気アプリはかなりある。その代表的なアプリが"妄撮"。内容を書くと非公開になりそうなので関心ある方は自分で調べていただきたいが、公開されているYouTube動画を見る限り、登録抹消が悔やまれてならない。

http://www.transit-web.com/issue/mosatsu/2010/04/post-579.html
↑このサイトより写真を引用。この可愛らしい女性たちが・・・・






posted by Lancer at 23:43| Comment(18) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。