2010年02月26日

auからは出ないパナソニック

携帯キャリアの総合カタログは毎月必ず入手するというわけではないが、数か月に一度ぐらいの割合で丹念に見ている。いつの間にやら新しいサービスが始まっていることもあるし、携帯電話を使いこなす上で役に立つ情報が掲載されているので見るのは結構好きなのだ。で、先日見ていたらパナソニックの携帯が1台もau総合カタログには掲載されていないのに気が付いた。そう言えば去年の夏ぐらいからauとパナソニックの関係が疎遠になったんだよなと探してみたら見つかったのが以下の記事。

2009年05月21日 15時01分00秒
パナソニック、KDDIの2009年au夏モデルに端末を供給中止
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090521_kddi_panasonic/

ちなみにau2009年夏モデルは対防水・耐衝撃CA002,ソーラーフォンSH002,Sportio water
beat,biblio,Mobile Hi-Vision CAM Wooo,iida misoraと個性豊かな端末が勢揃いで商業的な成功はともかく、識者には評価されたラインアップだったような気がする。逆に言えばauとしては万人向けの携帯よりもちょっと尖った(とがった)携帯を求めたのだろうが、パナソニック提案の夏モデルは従来型を踏襲、よって採用を見送りになったと聞いている。

さて調べた範囲ではパナソニックのauラストモデルは2009年2月26日に発売されたP001。我々携帯マニアからすると可もなく不可もなくといったモデルに見えるが、各種掲示板を流し読みしているとあまりいい評判は聞こえてこない。現在P001をお持ちの方には気の毒だが、"よくメーカーが商品として送り出せたと思う。あれは売ってはいけないレベルの商品"やら"ここ数年で最悪の機種"との書き込みが散見され、完成度が今ひとつと捉えるのが正解かもしれない。

そこでauとしては捲土重来、デュアルオープンモデルなどの新機種をパナソニックには期待していたのだろうが、KCP+機種開発費負担増を懸念するパナソニックとしては焼き直し端末でお茶を濁す挙に出たのがauとしては不満だったのだろう。そんなわけでかれこれ1年以上もパナソニックの新端末は発売されていないわけだが、たまたま見ていたITmediaに掲載されていたソフトバンク941Pがかなりユニークな端末で、ちょっと携帯マニア心をくすぐられてしまうのだ。

フラットWオープン”を実現したVIERAケータイ「941P」 ヨコオープンスタイルの魅力
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1002/23/news001.html

で、何が凄いかというと、パナソニックお得意のデュアルオープンスタイルもさらに洗練されてヒンジ部分の出っ張りが殆どなくなっているのだが、注目はタッチパッド、これに尽きる。タッチパッドってなに?という方はPCで以下のサイトの動画を見ていただきたいのだが、多くのノートPCに搭載されているタッチパッドのようなものと言えばお分かりいただけるだろうか?手っ取り早く言えばPCにおけるマウス代わりになるもので、あればあったでPCサイトを見ているときにすごく楽なのだ。

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1002/23/news001.html

タッチパッドは利用可能な状態のときに青いLEDが光って知らせてくれる(赤丸で囲んだ部分)。切りたいときはタッチパッド切替ボタン(矢印の部分)を短押しすればいい。タッチパッドがオンの状態でも、文字はそのまま入力できる↓


画面を左右にスクロールしたいときは数字キーの上を指で左右になぞる↓


画面を上下にスクロールしたいときは数字キーの上を指で上下になぞる↓


数字キーの上を自由になぞると、画面のカーソルもそれに合わせて移動する↓


なんかこういうギミックは大好きなので思わずこれだけでも購入したくなる携帯だが、さすがにiPhone&iPod touchみたいに指でつまんで拡大したり縮小することは出来ないようで、そのあたりは次期改訂版でということになるのだろうが、それにしてもユニークなアイディアだ。思うにこの数字キーの上をなぞるだけで画面が自由に移動する利点が最大限に生かされるのは、縦方向に長いサイト、代表的なものを挙げれば2ch掲示板となるのだろうが、おそらく快適楽ちんでより一層楽しめること間違いなしって気がする。


ぜひともauでも発売して欲しいなと思ったけれど、現在のauとパナソニックの関係を見ると当分期待薄。でもこれは発売して欲しいなぁ。なんか隣に芝生が青く見えて仕方がないが、SH006、直近書き込み情報によると3月5日発売とのこと。3月中にオクで入手するのはかなり難しくなってきた。
posted by Lancer at 21:25| Comment(26) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

iPhone対iPod touch

ついに待望のソニエリSO-01Bのモックを触ってきた。あんまり大きいとイヤだなと思っていたが、実際手に取ってみての感想はiPod touchとさほど変わらず。これで第一関門は突破したわけだが、あとは料金と動作具合。もしサクサクと快適に動くようだとかなり悩みそうな気がするけれど、いまのところホットモックはまだ出回っていないようで、これからのお楽しみ。

それとURBANO BARONEも昨日触れてきたが、やはり携帯電話としての仕上がりが上質。URBANO BARONEの上質さ+SH006の多機能ぶりを持ってすれば最強携帯が出来上がりそうな予感がするが、auの現況を考えると無い物ねだりに終わりそうなのがとても残念な気がする。

さてコンビニではよく雑誌を立ち読みするけれど、モバイルグッズの特集があるとすぐに買ってしまう。なので、このところ日経トレンディ,DIME,BestGearと立て続けに購入しているが、中でも気に入ったのがBestGearのiPhone3GS対iPod touch+Pocket Wifi"D25HW"の組み合わせ。通信手段を内蔵しているiPhoneと単体では通信手段を持たないiPodtouchのどちらがお買い得かを検討する企画だ。



最近は都心繁華街のマクドナルドに入ると、店内はノートPC,PSP,DSi,iPhone,携帯電話などもうモバイル機器が百花繚乱状態で、みんなおしゃべりしながらモバイル機器をいじくったり、あるいは仕事のレポートを書いたりと無くてはならぬ存在になっている。

こういう光景を見ると、イーモバイルPocket WiFi"D25HW"がヒットしているのも頷けるというものだが、実はこのPocket WiFiの購入も密かに画策しているのだ。当分はSH006とiPad無線LAN搭載モデル64GBの購入に注力しなければならないが、それが一段落したら是非とも購入したいと思っている。

で、そのBestGearによる"iPhone3GSとiPod touch+Pocket Wifi”の対決を私見を交えながら紹介してみることにする。

●通信対決

iPhone3GSは下り最大7.2Mbps,上り最大384kbpsのHSDPAに対応、さらにYahooBB公衆無線LANが無料で使えるが、1カ月1000万パケット(約1.2GB)の通信量で、翌月には帯域が制限されスピードががた落ちになってしまう。それに対しイーモバイルは下り最大7.2Mbps、上り5.8Mbpsと数字の上ではソフトバンクをやや上回り、さらに速度制限の基準がかなり緩いため、なんと1カ月300GB以上使用したときのみ制限されるという太っ腹。モバイルヘビーユーザならイーモバイルと言われるゆえんである。なお下り最大7.2Mbpsはあくまでも公称値なので、実際のところは1〜2Mbpsぐらいらしい。

●スタミナ対決

iPhone3GSは3G回線使用時に最大5時間、WiFiで最大9時間、Pocket Wifiは約4時間と数字の上でiPhone3GSの方が上となる。実際Pocket Wifiは、こまめに接続解除など節電を心掛けないと早く電池がなくなってしまうらしい。よってバッテリー持ちに関してはややiPhone3GSが有利。

●サービスエリア対決

東京23区内限定で各キャリアの通信エリアを比較すると、ドコモとauはほぼ同等で甲乙つけがたいが、ソフトバンクとイーモバイルはそれよりも一段は確実に落ちる。で、ソフトバンクとイーモバイルを比較すると地上部ではややイーモバイルの方が上のような気がしていた。地下街を含む全般的なエリアという意味ではソフトバンクの方が上かもしれないけれど、と思っていたら本日Gigazineに掲載されたニュースによると、これでイーモバイルとソフトバンクはほぼイコールになったのかもしれない。そのあたりBestGearも判断に迷っているようで、日本全体でみると人口カバー率99.9%のソフトバンクの方がやや有利か?

イー・モバイルがエリア拡大、東京メトロのすべての駅で利用可能に
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100222_emobile_tokyometro_area/

●アプリ対決

iPhone3GSにはカメラ、GPS、電子コンパスなどiPod touchにはない機能が搭載されており、アプリがそれらと連携するのが最大のメリット。従って単体で見るならばiPhoneの方が有利な気がするが、持論としてドコモor auガラパゴス携帯+iPod touchならばiPhone3GSにも負けないかもしれない。なおこれは知らなかったが、iPhone3GS回線環境ではYouTubeの解像度も抑えられ画質が劣化するらしいが、iPod touch+イーモバイルだとYouTubeは高画質モードで閲覧できる。

と、まあこんな具合に、なかなかどちらが上とは断定しきれないが、ひとつ言えるのは私のようなPCを含んでモバイル機器複数持ちの人間にとってはやっぱりイーモバイルPocket Wifiの方が便利かもということだ。以前にも書いたがiPhoneにはPocket Wifiと同等の機能と言ってもよい伝家の宝刀テザリングがあるのだが、今後も抜かれることはまずないからだ。いわゆる宝の持ち腐れというやつで、その意味でPocket Wifiのアドバンテージはかなりある。

前述の通りマクドナルドでの各人の時間の過ごし方を見ていると、公衆無線LANあるいは外出時の無線LANルータ搭載機器のニーズは増えることはあっても減ることはないだろう。むしろWiMAXやLTEサービスが今後活発化してくるとますます需要が増えるわけで、その意味で1年後にはだいぶ様変わりしているような気がする。そんなわけで去年の夏ごろに発表になったNTTBPモバイルルーターの"Personal Wireless Router"には期待しているのだが、全然音沙汰がないのが気がかりだ。

posted by Lancer at 22:30| Comment(16) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

無線LANが携帯に搭載されると

ソフトバンクが2009年秋冬モデルから無線LAN搭載携帯を続々と投入したことにより、にわかに脚光を浴びてきた無線LAN。残念ながら我がauでは数えるほどしか無く、直近の無線LAN搭載携帯はBiblioとSH006ぐらいだろうか?

で、そのBiblio、無線LAN搭載携帯としての評価はどうかというと、出来は今ひとつ。一部掲示板ではリアル悪夢と評する人も居るぐらいにすこぶる使い勝手が悪い。ちなみにBiblioは2009年6月19日に発売されているが、7月末には早くもMNP新規0円と前評判?通りの下落ぶりだった。

さて無線LANって一体何なのと思われる方もいるかと思うので、本日はその無線LANを使った携帯の長所を挙げてみることにした。技術的な事はさておき、無線LAN機能が携帯に搭載されればどんなふうに変わるのか?ともすればパソコン向けの機能と思われがちだが、携帯電話に搭載されれば使い勝手の幅が広がることだけは間違いないと思う。

●速度がかなり速い(はず)

auカタログ2010年1月号43頁によると、au携帯電話の受信最大速度は2.4Mbpsであるのに対し、公衆無線LANの代表的なサービスであるYahoo!BBのそれは最大54Mbpsと圧倒的に速い。理論上は20倍以上速いことになるが、実際には(記載の数値は、無線LAN規格の理論上の最大値であり、実際のデータ転送速度を示すものではありません)と書いてある通り、それほどの差はないかもしれない。

が、携帯電話の通信速度より数段速いのは事実だ。さらに最近無線LANは一段と速度を増してきており、無線LAN規格11nともなれば理論値300Mbps以上と有線並みになっているため、無線LANで100Mbpsを超えることも珍しくない。

とまあ、数字上はこのようになるが、このあたりはやっぱり体感速度。自宅に居るときは無線LANでEZwebを楽しめばサクサクと快適に動き、音楽・動画・映画のダウンロードがかなり快適に行えるようになるはずで、そのあたりITmediaによると

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1001/20/news089_2.html

SH006はauケータイでは「biblio」に続き、Wi-Fi WINに対応している。Wi-Fi WINはIEEE802.11b/g準拠の無線LAN経由でEZwebやPCサイトビューアーを利用できるサービス。

パケット通信料無料で最大54Mbpsの高速通信が可能だ。PCを介さずに「LISMO Video」をダウンロードできるほか、電子書籍や大容量ゲームのダウンロードにも対応。PCサイトビューアーでYouTubeなどFlash Video形式の動画視聴もできる。ただしWi-Fi WIN起動中はCメールとGPSは利用できない。Wi-Fi WINの利用料金は月額525円だが、2011年6月30日までは無料。

●パケ代を節約出来るかもしれない

iPhoneは持っていないのでネット情報から集めると、iPhoneは

iPhone3GS回線を強制遮断するアプリ等を導入

イーモバイルPocket WiFi "D25HW"+Yahoo! BB公衆無線LAN等で運用

ソフトバンクへのパケット料金を必要最低限に抑えること可能であるらしい

au携帯の場合は、iPhoneほど縛りが甘くないのでEZweb遮断なんてことは出来ないだろうが、それでも無線LANだけに限定した使い方に徹すればダブル定額スーパーライト月額390円(3720パケット)に抑えることも理屈のうえでは成り立つ。家にいるときには自宅無線LAN、外出時には公衆無線LANだけという使い方だ。

●Skypeが使えたら嬉しい

当分ドコモ、au、ソフトバンクの国産ガラパゴス携帯には搭載される可能性は低いと思うものの、あれば重宝するのがこのSkype(スカイプ)。Skype同士は無料で会話が出来るし、固定電話と携帯電話にも格安通話で発信することが可能なのだ。


とまあ無線LANが携帯電話に搭載されればこれだけ便利になるかも・・・・ということで書いてみたが、近々発売予定のau SH006。個人的に気に入ったのは前述のITmediaの一文、(PCを介さずにLISMO
Videoをダウンロードできる)だ。これ、どういう事かというと、Biblioはどうか知らないが現在au携帯で映画・ドラマ等を見るときには

PCまたはau BOXに一度ダウンロード

携帯電話に転送

携帯電話で閲覧可能

と、2ステップ踏まなくてはならなかったわけだ。以前当ブログでは

楽しいLISMOビデオ
http://blog.auone.jp/lancer1800/?p=0&disp=day_entl_p&y=2009&m=05&d=13

で、安めぐみさんのイメージビデオをダウンロードしたときの出来事を掲載したが、さすがに嫁さんが居るとauBOX経由でイメージビデオを取り込むのは少々気が引けるために一度もやったことはない。が、SH006に限ってはauBOXやPCを経由することなく直接携帯電話に映画やドラマを取り込むことが出来るようになっているらしい。

auBOXにこそこそと取り込むのではなく、堂々と胸を張って?直接携帯に取り込めるらしいのだ。そんなにいつもイメージビデオは見るものでもないが、ちょっと何気なくというのは誰にでもあるもの。

さて明日は休日、少し時間つぶしに携帯でもいじってみるか?別に多少夜更かししても早く起きる必要はないし・・・・え、なに、なに、イメージビデオの新着到着?そう言えばSH006、直接ビデオがダウンロード出来るんだよなぁ。

そんなところが今から少し胸をワクワクさせてくれているのだ。


posted by Lancer at 21:46| Comment(30) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。