2010年01月29日

iPadの衝撃

初めてその噂を聞いたのは二年前だったか、それとも一年半ぐらい前だったかは忘れましたが、アップルファンのみならず全世界が注目していた待望のタブレットPCがついに発表されました。昨日からネット上ではいろいろな意見が飛び交っており、肯定派否定派入り乱れて激論を交わしていますが、一番多いのが大型iPhoneや電子書籍リーダーという意見です。確かに宣伝動画や写真を見ている限りそのように判断されても仕方がないでしょう。

しかし、このiPadを大型iPhoneや電子書籍リーダーと捉えているようでは、iPadの本質を見抜くことは出来ないかもしれません。大型iPhoneやアマゾンキンドル対抗商品はiPadの側面を見ているに過ぎないのです。ではiPadとは一体何なのでしょう?個人的にはNext PC、次世代PCと考えるのが一番当を得ているような気がします。

過去様々なOSやPCに親しんできました。一時期寝食を忘れてしまうほどの精力を注ぎ込んだために、OSを問わずPC上で発生する全ての問題を自己解決出来るレベルにはなったのですが、反面膨大な時間を損失したことに気がつきました。PCの最大の問題点はトラブルが発生したときにはOSの知識が無いと対応できないこと、これに尽きると言ってもいいでしょう。

いくらPC操作が出来たとしてもOSの知識がないとトラブル発生時には右往左往するだけです。だからみんな敷居が高いと思ってしまうのです。使いこなすためにはOSの知識は当然必要になりますが、それを得るためには膨大な時間と労力を費やさなければなりません。損失・苦楽・困難を楽しみに転化できる人間ならいざ知らず、多く人々にとってそれは苦痛以外のなにものでもありません。

iPhone発売時にはその優れた操作性が絶賛されましたが、あまり話題には上らなかったものの忘れてはならない出来事が一つありました。iPhoneOSです。OSは黒子に徹し前面に出てくることは一切ありません。使う側からすればiPhoneOSって一体何?っていうぐらい裏方に徹しておりユーザにその存在すら感じさせないレベルにまで仕上がっていました。

Windows,Macintosh,Linuxで辛酸をなめた私にとってこれは新鮮な驚きでした。モバイル機器で初めてOSの存在を意識させずに、なおかつ当時で最高レベルの操作性を高次元で調和・両立させたのはこのiPhone&iPod touchだけです。私はこのときにはっきりと感じました。もしこれがPCにも搭載されれば、多くの人達にとってさらにPCが身近で親しみやすいものになるはずだと。

本来OSは黒子または裏方に徹し存在そのものを使い手に認識させない方が望ましいにも関わらず、PC業界ではなかなかそれが実現するまでには至りませんでした。が、このiPadの登場により初めてPCと同等の大きさの画面でありながらOSの知識は一切不要で、ネット・メール・音楽・写真・動画・読書・テレビを楽しむことが出来るようになったのです。

アップル iPad 実機ギャラリー&インプレッション(動画追加)
http://japanese.engadget.com/2010/01/27/ipad-hands-on/

engadgetに掲載されたこのiPadの動画を見てください。そのあまりにも美しい画面構成と誰にでも直感的に判断することが出来る優れた操作性の前にOSは不要となりました。そしてこの動画が意味するものはOSの無力化です。OSが無力化されると困る会社が世界で一つだけあります。その難攻不落の要塞を切り崩すにあたりグーグルは検索という手法を用いて戦いを挑み、そして今またアップルがOS無力化という異なるベクトルで戦いを始めました。現在米国IT御三家の時価総額はマイクロソフト2700億ドル、グーグル1900億ドル、アップル1800億ドルですが、三年後は一体どのようになっているのか誰にも想像することは出来ません。

iPadはiPhoneの拡大再生版ではありません。推測ですが私は最初にiPadが起草立案され、その後にiPhone&iPod touchが計画実行に移されたのではないかと考えています。そして1年後、2年後、3年後までのロードマップは当然のことながらすでに用意されているのでしょう。

iPhoneが三代目で完成を見たように、iPadも熟成に熟成を重ねて数年後にNext PCとしての地位を揺るぎないものにする計画が練られているはずです。柳の下にドジョウがそう何匹もいるわけではないかもしれませんが、もしこれが成功すればIT業界に激震が走ります。そしてその余波は当然のことながら携帯業界にも波及してくるのです。が、これは始まりの始まりに過ぎません。予定では2010年12月、第二幕が開きChromeという新たなる舞台が登場します。

だいぶ長文になってしまいました。何が言いたかったかというと簡単に言うとこういうことなんです。iPhone→iPadに置き換えて読んでください。







2010年1月18日記事より引用↓

posted by Lancer at 22:07| Comment(29) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

どれを買うべきか?

1月15日に投稿した記事では"サンフランシスコ現地時間1月26日(日本時間1月27日午前3時)に発表予定のアップル10インチ全面タッチパネルiSlate"と書きましたが、一日ずれていました。正しくは日本時間1月28日午前3時頃発表です。お詫びいたします。

http://blog.auone.jp/lancer1800/?p=0&disp=day_entl_p&y=2010&m=01&d=15

さて昨晩こういう書き込みがありました。

隊長、もし、隊長なら、どれを買いますか?
1、iPhone
2、イーモバイル+iPodTouch8ギガ
3、DoCoMo+100円パソコン

ちなみに、私のノートパソコンは、持ち歩くには、大きすぎます。iPodTouchでは、PC画像は、どんな感じでしょうか?PCが100円でも、ウイルスソフトを買わなきゃならない、迷宮に入ってしまった感じです

引用終了

当初はコメント欄に書き込もうと思いましたが、長文になってきたので予定外の記事投稿となりました。関心ある方も多いと思われますので私見として読んでいただければ幸いです。

まず自分がどのような使い方をするのか、それをはっきりと決めることが必要だと思います。受動的な使い方が多い人はiPhone&iPod touch、能動的な使い方が多い人はPC、だいたいそのように使い分ければいいのではないかと・・・つまりネットや動画を見たり音楽を聴いたり受け身の操作が多い人は"構えなければ"操作できないPCよりは圧倒的にiPhone&iPod touchの方が楽です。反対に文章や絵を描いたり、ネットを調べ回って仕事や趣味に役立てたいと考えている人にとっては画面の小さいモバイルグッズよりはPCの方が操作性が数段良くなります。もちろん欲張りな私みたいな人間になると両方とも欲しくなりますが、どちらかに絞ろうと考えている人にとってはそのような目安で決めてもいいのではないでしょうか?

で、店頭で発売されている100円パソコンですが、これは正直なところあまりお勧めできないというのが私の感想です。もちろんお買い得なケースもあるのでしょうが、そこは冷静にじっくりと損得計算をしてみるのが大事。100円のチラシに惹かれて購入してよく計算してみたら・・・なんていうケースも結構あるみたいです。詳細は以下の記事から。

実際の価格は16万円!?「100円パソコン」の購入は使い方を考えてから!
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20090508/1026010/

なおウイルスソフトはWindowsの場合、有料無料の機能差は殆ど無く、個人的には無料ウイルスソフトで充分と考えます。ネットで検索をすればいくらでも無料ウイルスソフトがありますが、中でもお勧めはこれ。

無料アンチウイルスのダウンロード - avast! Home Edition
http://www.avast.com/jpn/download-avast-home.html

さてiPhoneですが、ここに来て4th iPhoneの噂話がだいぶ聞こえてきました。Google携帯やらソニエリSO-01Bが登場するとなると、いくらiPhoneといえども今年は大幅に性能を向上させるはず。その話の内容は以下のサイト、特にギズモードの記事はとても面白いので一見の価値ありです。我が家は嫁さんが待ちきれずに3rd iPhone 3GSを購入しましたが、もし待てるのならば6月、遅くても7月には発売されるでしょうから、ここは難しいところですね。

第4世代iPhoneは4月登場!? - 有機EL、デュアルコア、取り外しバッテリ等の情報も
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/01/13/014/index.html

第4世代iPhoneの噂を総ざらえ!
http://www.gizmodo.jp/2010/01/4iphone.html

ということで今のお勧めを考えるのならば、イーモバイルPocket Wifi+iPod touch32GB、これかなと思います。ただ現行3rd iPod touchは8GB,32GB,64GBの三種類がありますが、8GBは第二世代の焼き直し。従って性能的には32GB,64GBより一段落ちます。価格的にはもちろん8GBが一番安いのですが、32GB,64GBの激速に慣れるとやっぱり8GBは・・・なんていうことになりかねません。なのでここは32GBまたは64GBを購入することをお勧めします。

参照サイト
http://ja.wikipedia.org/wiki/IPod_touch

以下はauファンの方々へ。もうギガジンに掲載されているので非公開になることは無いでしょう。

2010年01月26日 13時52分43秒
KDDIが新機種をさらに発表予定、デザインケータイ「iida」の第3弾が登場へ
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100126_iida_3rd/

経済や金融情報の配信などを手がけるブルームバーグ社の公式ページによると、2010年1月28日(木)にKDDIとiidaの最新モデルの発表会を行うそうです。これが1月28日(木)の予定。10:30からKDDIが携帯電話「iida」の新商品を発表する旨が記されています。第1弾の「G9」と比較して第2弾の「ply」「PRISMOID」はデザインはともかく性能面で今一つな感がありましたが、第2弾の発表会で展示されていた学習能力を持つロボットケータイ「Polaris」のような、ユーザーを驚かせる端末は登場するのでしょうか。

ちなみにiidaの前身となる「au design project」は2001年から取り組まれており、「INFOBAR」や「talby」「MEDIA SKIN」「neon」の4機種がニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久収蔵品に選定されるなどの高い評価を得ていますが、以下のリンクから「au design project」の歩みを振り返ることができます。
posted by Lancer at 23:14| Comment(19) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

CA003が楽しい

いま一番のお気に入り携帯がCA003。もちろんドコモやソフトバンクのハイエンドと比較すれば多少見劣りするところがあるかもしれないけれど、毎日使っていてとても楽しい気がする。

その理由は何だろうと考えてみると、3.3インチの大画面と有機ELの美しい画面、そして入力しやすいキータッチ、この三つが挙げられると思う。ブログ投稿は相も変わらず長文なので全ての記事をPCから投稿しているが、お気に入りに登録した人達へのコメントを書くときにはCA003から書くことが殆どだ。今まではコメントを書くときもPCから入力していたのに、この変わり様はなんでかなと思ったら、やっぱり携帯のキー操作がとてもしやすいからだということに気が付いた。

W42CA,W53CA,CA002とカシオ携帯は愛用しているので、その使い勝手の良さは分かっていたつもりだが、ことさらこのCA003はその点が優れている気がする。だからというわけでもないが、当分は使用するつもりでおサイフケータイを全部このCA003に統一してしまった。

モバイルスイカとEdyを登録してあり常時5000円から1万円ぐらいをチャージしているけれども、これだけチャージしていれば、こと都内に居る限り財布は不要なのに気が付いた。

最近は自分の小遣いはすべてじぶん銀行に入金するようにしてもらっているので、足りなくなったらじぶん銀行アプリを起動してすぐにEdyにチャージする。コンビニでEdyが使えないところはまず無いし、スイカとEdyのどちらかは使えるところが殆どだ。なので支払いに困るのは飲食店と本屋、そして自動販売機ぐらいだろうか?この三つが全てスイカやEdyに対応してくれたらもう財布は持つ必要がなくなってくるなと思っている。

S001と比較するとEZweb使用時のサクサク度でやや落ちるかもしれないけれど、もうKCP+端末だからという理由で不安視する必要はなくなり、安定度に関しても問題は全くなし。肝心のカメラ機能に関してはもうだいぶ語り尽くされているのであまり書かないが、夜景の撮影も各種の設定に注意深く気を遣えばデジカメと遜色がないぐらい綺麗に撮影出来るようになった。先日銀座へ仕事に寄った帰りに夜景写真を何枚か撮影したが、嫁さんにこれCA003で撮影したんだよと説明したら、ちょっとびっくり。もう1台持っているデジカメで撮影したのだとばかり思っていた、って言っていたのでもう素人目には区別が付かないぐらい高性能になっているのだろう。

で、休日郊外に出かけるときにはauBOX経由で無料番組やら連続ドラマをダウンロードしていくのだが、これが結構暇つぶしになって、二人で出かけるときには嫁さんがCA003を見たり、私が見たりと交互に使っていたりする。会社携帯はドコモなので、au携帯には娯楽要素を求める傾向が個人的には強いが、テレビ・カメラ、おサイフ、ブログ、ネット回覧、サッカー情報収集と非常に役に立っている。こうしてみるとまさにかゆいところに手が届くガラケーの代名詞そのもの。

3rd iPhone3GSやXperia SO-01Bもとても興味深く両者共に購入したい携帯であるが、やっぱり一番便利なのはドコモor au携帯+3rd iPhone3GS or Xperia SO-01Bだろうなとの思いは禁じ得ないかな。

とお気に入りのCA003であるが、不満点は二つほどある。一つは皆さん誰もが思っているバッテリーの持ち。外出時に長時間EZwebを見たりメール入力している人だったら予備バッテリーは必須。あっという間に一つ減り、二つ減り気が付いたらバッテリー切れってことが何度かあった。それともう一つは娯楽系アプリの充実。

こう書くとおおよそ想像がつくかと思うが、先週紹介したPuff PremiumやらFC2で紹介しているアプリは全てiPhone&iPod touch向けで国産携帯電話向けの楽しいソフトはあまりないのだ。auでもなぁ、少し出して欲しいぞって思っていたらGIGAZINEに楽しそうなアプリが紹介されていた。

実力派声優12人が集結した「美声時計」登場、写真だけでなく声で時刻をお知らせ
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100125_bisei_tokei/

美人時計の公式ブログによると、本日からiPhoneおよびiPod touch向けのアプリとして1分ごとに声優の声で時報が鳴り、さらに15分ごとにセリフ入りの時報を鳴らすことができる「美声時計」が発売されたそうです。価格は900円で、2月上旬には「アニメロミックス」でNTTドコモやau、ソフトバンクモバイル向けにも展開予定。



これって朝も時報の代わりに起こしてくれるんだろうか?900円はちょっと高いけれど興味津々。

Lancerさん、時間ですよ、起きる時間になりましたよ〜
Lancerさん、は や く お き て
Lancerさんったら全然起きないんだから・・・・・
じゃあ、お こ し て あ げ る
ねえねえ見てみて・・・あたしの
い ま の す が た・・・・・

あ、いかん、また妄想が始まってしまった。
posted by Lancer at 23:02| Comment(25) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。