2009年05月27日

やっぱりauが一番人差し指サイン

平日は結構忙しくてテレビをゆっくり見ていることは殆どないが、たまの休みともなると夕食を取りながら嫁さんと一緒にテレビを見る。で、たまに放送されている欽ちゃんの仮装大賞だが、うちの嫁さんはコレが好きらしい。

知らない方のために少し説明すると、家族や友達で仮装しながら日常生活の喜怒哀楽を独自の視点から演劇する番組で、ちょっとしたユーモアや可愛らしい仕草が視聴者の共感を呼んでいる長寿番組らしい。

らしいと書いたのは、夕食の団らんを飾るにはふさわしいほのぼの番組であることは認めるものの、私にとっては毒にも薬にもならぬ番組で長時間にわたって見ているのは、ちょっと苦痛なのだ。

出だしはまあまあ見る気になれるが、番組が進行するにつれて徐々に退屈になってきてしまう。で、見ていると嫁さんはまるで反対。佳境に入るにつれて、どれが大賞になるのか興味津々らしく次第にテンションが高まってくる。

そんな仮装大賞だが、私にとっての唯一の見所はなにを隠そうバニーガール。抽選で選ばれたスタイリッシュボディご自慢のバニーガールが合格者を誘導する様子は、私にとってまさにこの番組最大のハイライト、至福の時間。

あっ、あっ、あっ、ああああーーーあの後ろ姿、見ていると・・・・・思わず・・・・・ってな気分で、正直なところどれが大賞になるのかはまるで関心がない。

嫁さんは"リプレイをもう一度見ないと、どっちが大賞なのか決められないわね"なんて言っているが、おい、おい、そんなのどうでもいいだろう?それ、リプレイするんだったら、バニーガールのリプレイの方がよっぽどいいぞ、なんて思ってはいるものの決して口に出さず、適宜合いの手を入れる。

要するに一つの番組を前にしてお互い焦点がまるで異なるのだ。なんて考えていたら、キャリア三社の夏モデル発表会、携帯電話にだけスポットを当てるのは片手落ちというもの。

携帯電話よりも発表会に登場する女性に関心の高い向きも少なからず居るに違いないと判断し、ネット徘徊で2009年ドコモ・au・ソフトバンク三社の発表会に登場した女性の写真を集めてみた。

携帯電話のスペックではドコモ、ソフトバンクの後塵を拝しているauかもしれないが、こうして見るとなかなかのもの。有名ブランドを採用したドコモ(J.J隊員、ゴメン)、ソフトバンクに対し、無名の新人を登場させたauの勝ちと思うのは私だけだろうか?

なお写真は全部で10枚用意したが、ソフトバンク、ドコモ、auの順番で掲載することにした。そして最後にはとびっきり上等の写真を1枚だけ用意したことをあらかじめ申し添えておこう。

男性諸氏は、はやる気持ちを抑えながら一枚ずつゆっくりと見るように、当ブログを来訪される数少ない見識ある女性は見ない方が賢明だろう。

なお蛇足を承知で付け加えると、その上玉の写真はおそらくCyber-shot S001のスマイルシャッター機能を利用して撮影したと判断している。

また予定では金曜日に記事を投稿するが、仕事が忙しくなったら土曜日か月曜日に延期で、例によって長文。導入文章に驚くかもしれないが、

ま た

は じ ま っ た か ?

と思ってもらえれば幸いである。



































posted by Lancer at 20:29| Comment(56) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

夏モデル、どれにしようか?

週から今週にかけて大手三社の夏モデルが発表された。

携帯マニアにとっては年に数回しかないイベントであるがゆえに、楽しみにしている人も多いだろうが、反対に残念なニュースもいくつかあった。思いつくままにざっと挙げてみると

・NTTドコモ、夏モデル「N-06A」と「N-08A」を発売中止に

・東芝、携帯電話の国内生産撤退へ・海外企業に委託

・パナソニック、KDDIの2009年au夏モデルに端末を供給中止

見方はいろいろあるだろうが、根っこは一緒のような気がしてならないのだ。基本2年契約→販売台数大幅減少なのに、ソフト肥大化→開発負担増、さらには発表回数は数年前と全く変わらず年3回から4回もニューモデルを発表している。

これじゃあ発売初日からトラブル続出なのも仕方がないかなと・・・・そんなことを考えていたらドコモは相も変わらず全機種ハイスペ路線まっしぐら。

確かにau端末より性能は良さそうだし、より取り見取りの至れり尽くせりで感心するものの、こんなに飛ばして大丈夫?って逆に心配してしまうぐらい。

だいたい普通の人は携帯なんて二年に一台ぐらいしか買わないんだから、もう少し発表回数を減らした方がいいかもね。それはもちろんauにもソフトバンクにも言えることで、年に2回、多くて3回に減らすだけでもマトモな携帯が出来るんじゃないのかなと・・・・

今回特にその印象が強いのがCA002。コレ、もしサクサク普通に動いたとしたらW62CAを購入した人たちがあまりにも可哀想だなぁ。ここは特例でW62CA購入者のみ5千円程度で機種変を認めるぐらいの寛大な処置が必要だと思うけれどね。

不良品を作ったら車の場合、リコールがあるのに何で携帯にはないの?って思ってしまうぐらいにW62CAは個体差が激しく、2ch掲示板ではW62CA=ロシアンルーレットなんて書いている人がいて、思わず失笑してしまった。

でもカシオびいきとしては、ドコモ富士通製品よりは性能がやや劣るかもしれないけれど、個人的にはサクサク普通に動いてくれればもう満足。KCP+機種完成型のG'zOneを早く見たいななんて思ってしまう。

続いてはSportio water beat。シャープのテンキー無し、全面タッチパネル携帯って多分同社初の仕様じゃないのかなと。

前回記事ではiPhoneとの比較をしたけれども、やっぱり国内最強携帯メーカーが満を持して発売する防水型ワンセグ搭載携帯だけあって、なんと言っても注目はその操作性。

iPhoneはアップルがハード・OSの一体開発型だけにその操作性優れているのは当たり前としても、EZwebをタッチパネルだけで操作するなんて一体どうやるの?と興味津々。

いろんな雑誌やらネット記事を見ても、現在のところアップル以外のタッチパネルは、殆どが見よう見まねの試行錯誤段階だから、ここらでシャープには頑張って欲しいもの。

最後に一番気に入ったのが、なんと言っても無線LAN搭載の"biblio"。

発表前はドコモと同じようにガチガチの縛りで使う気をそぐような無線LAN仕様だと思っていたのが、フタを開けてみれば意外や意外。

不満は多少残るものの、auにしては上出来と評価すべきでしょう。だって2011年6月末までの約2年間無料で利用できるなんて、考えてもみなかったし・・・・これでドコモも少しは無線LAN解放してくれれば嬉しいな。

ドコモ夏モデルに比べると地味で小粒な印象が強いau夏モデルだけれども、個性的で特化した端末がずらり勢揃いなのがとても興味深い。

個人的には欲しい機種が上記の三つ以外にもMobile Hi-Vision CAM Woooがあり、これからが楽しみ。さて最初にどれを購入するか?あとは6月9日早朝(3rd iPhone発表)を待つだけだ。
posted by Lancer at 20:31| Comment(41) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

Sportio2に期待したいこと

ソフトバンク、ドコモ、auと来れば次はアップル。ネット上の噂話を集約すると3rd iPhoneは6月9日発表、7月17日発売となるらしい。

ここ日本でも発売されてから一年近くが経過しようとしているし、賛否両論はあるもののその存在は決して無視することが出来ないiPhone。語り尽くされた面はあるが、まだまだこの携帯の長所が充分に認知されたとは言い難い気がする。

というのもiPhoneの代名詞のように言われているタッチパネル。みんなタッチパネルと言えばiPhoneのように捉えがちだが、実はiPhoneをiPhoneたらしめているものはタッチパネルではないと個人的には思っている。

じゃあ、何なの?って聞かれたら、iPhoneが他の携帯より優れているのはその設計思想。数ある携帯電話の中でもずば抜けて操作性などの使い勝手がいいのは、この設計思想によるところ大なのだ。

音楽試聴、動画閲覧、Web閲覧、メールチェック、カレンダーチェックなどのいわゆる受動的な姿勢、自分が受け身となって主体的に動く必要のないときには抜群の使い勝手を見せるものの、

反対にメールを書いたり、写真撮影、メモ書きなど能動的な動作の時、つまり自らが主体的に動かないといけないときには非常に使い勝手の悪いiPhone&iPodtouch。

アップルとてその弱点は理解しているだろうが、それでも老若男女を問わず使い勝手がよい携帯の筆頭には挙げられると思う。

(参考記事)親孝行も携帯で
2008/12/26 20:48
http://blog.auone.jp/lancer1800/?p=0&disp=day_entl_p&y=2008&m=12&d=26

身内話で恐縮だが、実家に帰るたびにいろいろなモバイルグッズを母親に見せているが、後にも先にも母親が購入したいと言い出したのはiPod touchだけだったこと。メカに弱いうちの嫁さんが気に入っている唯一のモバイルグッズはやはりiPod touchであること、彼女たちが操作する姿を見ているたびにそう思う。

多くの場面で何かをする時に考えることなく、自然と指が動いてタッチ出来る、それこそがiPod touchの真骨頂。嫁さんを見ているとiPod touchでメール、音楽、産経新聞、ネットサーフィン、天気予報など彼女にとっては最大限に活用しているが、聞くと気楽に使えるからだという。

だから彼女たちに最新のWindowsMobileスマートフォンを買ってあげても、使いこなすことは無理。一月も経たずに宝の持ち腐れだろう。それはドコモ、au、ソフトバンクのハイスペ携帯についても言えることで、彼女たちにとってはハイエンドもロースペックもみんな一緒、使うのはメールと電話ぐらい、多くの機能は使いたいけれども操作方法が瞬時に分からないし手間なのだ。

難しいことでも簡単に、複雑なことでもさり気なく、しかもそれを操作する人間に感じさせないという点でiPhone&iPod touchは非常に優れている携帯だと思う。

さてSportioの後継機種がどうやら防水となって発売されるらしい。Sportioには殆ど関心が無かったのでノーチェックだったが、防水・タッチパネル・ワンセグ搭載とくれば、なにやらiPhone正常進化版のような印象を持ってしまう。

CA002やTSY01と並んで最も期待している携帯だ。そして機能や仕様も楽しみだが、最大の関心事はその操作性と使い勝手、ここでこの携帯を開発したメーカーの資質が分かるというものだ。

初代iPhone 2007年6月29日発売
Sportio2 2009年6月上旬発売予定

ドッグイヤーと呼ばれるこの業界で2年経って発売される製品だ。ここ最近さまざまなタッチパネル携帯を触ったが、iPhone以上に完成されたタッチパネル携帯はないのではないか?と思っている。もちろん全てのタッチパネル携帯を触ったわけでもないので、あくまでも推測の域を出ないが・・・

個人的にはiPhoneと同等の操作性で防水+ワンセグならば買いだと思っているが果たして実際はどうなのか?果報は寝て待て・・・・・・か?それとも寝て待ったが・・・・・5月25日が楽しみだ。

・ドッグイヤーとは
情報技術分野における革新のスピードを表す概念。通常 7 年で変化するような出来事が 1 年で変化すると考える。 人間の 7 年が犬の 1 年に相当することから。

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/%A4%C8331302710100000000/m0o/

なお今日明日は仕事で忙しいです。場合によってはコメント返しが日曜日や月曜日にずれ込むことがありますのでご了承ください。
posted by Lancer at 20:32| Comment(25) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。